マッチが跳ねるマジック!事前の仕掛けや準備は必要なし

 マジックの現象 

マジシャンが手のひらの上にマッチを置いています。

もう一本マッチを取り出し、手のひらの上のマッチに近づけていくと..

触れそうになった瞬間に手の上のマッチが飛び上がりました!

 

マジシャン
さぁ、あなたにこの謎が解けますか?衝撃の種明かしは以下よりご覧ください。

準備するもの

  1. マッチ2本

種明かし・実演方法

以下よりマジックの種明かしと、実演方法をご紹介します。

マッチ棒の持ち方について

マッチ棒の先端(火が付く部分)を上にして、右手の親指と人差し指で摘むように持ちます。

持つ場所はマッチ棒の先端部分から人差し指の幅一本分程度、下を持ってください。

そのままマッチ棒の先端を体の進行方向にくるように手を傾け、親指が上の状態でテーブルとマッチ棒が平行になれば事前の準備は完了です。

角度や相手の目線の位置が重要になるマジックです。

薬指でマッチ棒を弾く

マジックのタネは極めて単純です。

マッチの棒部分に薬指の腹を下から当て、上に向かってパンっと弾いているのです。

このとき、親指と人差指でしっかりマッチ棒を摘んでいないと、弾いた衝撃でマッチの先端が動いてしまうので注意しましょう。

また、薬指で弾く際は相手からは見えない角度で弾くのがポイントです。

中指と小指はマッチ棒には触れさせないということです。

自然な位置に置いておきましょう。

バレない為の工夫

なぜ、物理的にマッチ棒でマッチ棒を弾くという単純すぎるこのマジックが成立するのでしょうか?

重要なのは、基礎的なことですが相手の視線や意識を誘導するという事です。

これによって、この単純な仕掛けをわかりにくくしているのです。

ミスディレクションと呼ばれるテクニックを活用します。

ミスディレクションとは

ミスディレクションとは、ディレクション(=方向性)をミスさせる、つまり、観客の注意を間違った方向に向けて、秘密動作や真実から逸らせる技術のことを指す。

心理的手法の1つ。

フィジカル(physical 身体的)、サイコロジカル(psychological 心理的)、タイム(time 時間)の三種類がある。

指でマッチを弾く瞬間がばれないようにする為には、2本のマッチ棒の先端部分に相手の視線を注目させる事がコツです。

ゆっくりと絶妙なスピードでマッチの先端同士を近づけ、先端同士が触れた一瞬のタイミングでスピーディーに勢いよく弾いてください。

難しいポイント

相手の手に置いてあるマッチ棒のほんの少し下をめがけて、自分が持っているマッチ棒を近づけていく必要があります。

これを相手に気づかれないように絶妙な加減で下を目指して近づけないといけないので、事前にマッチ棒がよく跳ねる位置関係を予習しておきましょう。

ベストな位置でないと薬指で弾いたときにマッチ棒が跳ねず、失敗に終わってしまうかもしれません。

そうならない為にもマッチ棒の先端の位置には最新の注意をはらいましょう。

まとめ

  1. マッチ棒は2本の指でしっかりと固定して持つ
  2. 相手の視線は常にマッチ棒の先へ誘導する
  3. 一瞬のタイミングを逃さず、素早く弾く

この3つのポイントを意識してみてください。

実際やってみると薬指で弾いたときにマッチ棒が動いてしまう方も多いと思いますが、とても簡単なマジックなので是非練習してみてください。

参考動画

今回の記事は以下の動画を参考に作成しました。

より具体的なムーブを知りたい方は、ぜひご参照下さい。